桜餅

 


季 節


 


【分 類】


人事

 


【意味・説明】


桜餅は桜の花のような色をした餅菓子で、桜の葉で包まれています。


Sakuramochi is a rice cake featuring a color like a cherry blossom, wrapped in cherry leaves.

スポンサーリンク

 


【例 句】


三つ食へば葉三片や桜餅
(高浜虚子)

桜餅人の寒さに匂ひいでし
(渡辺水巴)

さくら餅食ふやみやこのぬくき雨
(飯田蛇笏)

櫻餅かけ紙の絵の都鳥
(富安風生)

桜餅つゝめる紙の濡るゝかな
(野村喜舟)

桜餅飛鳥朝にはなきものを
(長谷川かな女)

一門の下戸ばかりなる桜餅
(河野静雲)

とりわくるときの香もこそ桜餅
(久保田万太郎)

あくまでも紅うすきこそ桜もち
(山口青邨)

さくら餅すゝめて人の寒からず
(萩原麦草)

大き窓陽のはなやかに桜餅
(日野草城)

葉をたたむしぐさも桜餅の宵
(皆吉爽雨)

うかれたる心も少し桜餅
(星野立子)

つきつめてものは思はじさくらもち
(鈴木真砂女)

散らばりし筆紙の中の桜餅
(松本たかし)

さくら餅包まれて葉の蘇る
(石川桂郎)

桜餅闇のかなたの河明り
(石田波郷)

さくら餅ともどもかたるよき話
(上村占魚)

桜餅空際にほひ立つ日暮れ
(平井照敏)

そこそこの明日それなりの桜餅
(櫂未知子)

 


【関連季語・子季語】


 

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク