紫陽花に囲まれたお寺


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


皐月は、旧暦の五月の異称です。

スポンサーリンク

 


【例 句】


一条の煤煙のもと皐月富士
(中村汀女)

一人の家居ぼんやり皐月どき
(高澤良一)

小田原で合羽買たり皐月雨
(与謝蕪村)

火山湖にとほく小さき皐月富士
(飯田蛇笏)

皐月来て虚空あかるき一湖村
(藤原たかを)

皐月咲く明石の鯛の着ける朝
(長谷川かな女)

皐月波啄木の墓洗ふかに
(宮野胡蝶亭)

皐月晴れて嵐の如き樹影踏む
(原コウ子)

皐月富士のぞむ庵の炉塞がず
(木村蕪城)

皐月富士見えしうつつも秩父路に
(稲畑汀子)

皐月闇口あけて来る赤ん坊
(坪内稔典)

十一面観音その一面の皐月闇
(橋本榮治)

つゝじ散り皐月つゝじはまだの頃
(高浜虚子)

庭土に皐月の蠅の親しさよ
(芥川龍之介)

パレード率て皐月のハーレイダビィドソン
(高澤良一)

山に鳥多くなりたる皐月かな
(滝沢伊代次)

ゆつくりと帆舟行き交ふ皐月かな
(安達実生子)

旅情濃し皐月はくもりがちに伊賀
(大岳水一路)

 


【関連季語・子季語】


五月  早月  早苗月

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク