冬の林と青空

 


【季 節】


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


霜月は、旧暦の十一月の異称です。

スポンサーリンク

 


【例 句】


隠元の評判おかし御霜月
(三宅嘯山)

柿のへた霜月神楽すみにけり
(百合山羽公)

暮て行時雨霜月師走哉
(井原西鶴)

霜月に節供もあらば水僊花
(各務支考)

霜月のかたつむりこときれてゐし
(日野草城)

霜月の菊に多数の蜂あはれ
(阿部みどり女)

霜月の土を均らして紅粉花蒔くと
(山口青邨)

霜月や下駄の音冴ゆる大通り
(寺田寅彦)

霜月の小道にくさる紅葉かな
(正岡子規)

霜月のさ筵かけし人葬る
(萩原麦草)

霜月の霜なく立てり青芭蕉
(水原秋桜子)

霜月の瀧に聲なき瀧不動
(下村ひろし)

霜月の目に見えて時流れたる
(相馬遷子)

霜月の眼を燃やしいる山童子
(長谷川かな女)

霜月もこぼるゝものは松葉かな
(桜井梅室)

霜月や雲もかゝらぬ昼の富士
(正岡子規)

霜月や酒さめて居る蝮取り
(前田普羅)

霜月や日ごとにうとき菊畑
(高浜虚子)

その人の亡き霜月のつづきをり
(大峯あきら)

提灯の下にあそぶ子お霜月
(吉岡禅寺洞)

 


【関連季語・子季語】


 

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク