茶碗に注がれた新茶

 


季 節


 


【分 類】


人事

 


【意味・説明】


 

新茶とは、その年の新芽を摘んでつくった茶のことをいいます。
スポンサーリンク

 


【例 句】


明日は立つ里の新茶の香になごむ
(上村占魚)

石山に夜の水くむ新茶哉
(松瀬青々)

一滴の名残きびしき新茶かな
(阿波野青畝)

おのづから雲を見てゐる新茶かな
(森澄雄)

かゝる時新茶淹るべし雨に灯し
(及川貞)

サラサラと和尚がこぼす新茶かな
(前田普羅)

師が賞づる新茶は狭山賜ひけり
(石田波郷)

新茶淹れ父はおはしきその遠さ
(加藤楸邨)

新茶いれひとのよろこびごと妻と
(山口青邨)

新茶して五箇国の王に居る身かな
(村上鬼城)

新茶の香真昼の眠気転じたり
(小林一茶)

玉巻きし芭蕉ほどけし新茶かな
(川端茅舎)

茶袋に新茶と書きて吊したり
(正岡子規)

出在家の物なつかしき新茶哉
(三宅嘯山)

点心はまづしけれども新茶かな
(芥川龍之介)

天目で新茶くれけり里祭
(森川許六)

煤煙は駅のみ新茶の静岡市
(百合山羽公)

一つ一つ新茶とどくに罌粟咲けり
(松村蒼石)

日焼せしことも言ひ添へ新茶かな
(細見綾子)

方丈に今とどきたる新茶かな
(高浜虚子)

ほととぎす新茶より濃声の色
(椎本才麿)

やすけさの老も芯なす新茶摘み
(飯田龍太)

夜も更けて新茶ありしをおもひいづ
(水原秋桜子)

若葉して命めでたき新茶かな
(中勘助)

わが碗にをさめししづく新茶くむ
(皆吉爽雨)

 


【関連季語・子季語】


走り茶

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク