簾と夏の日射し

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


大暑とは、一年を24等分したものに季節の名前を付けた二十四節気の一つです。

大暑の日付は毎年 7月23日頃となります。

7/23 ~ 8/6頃の期間を「大暑」ということもあります。

 


【例 句】


麦飯のいつまでも熱き大暑かな
(村上鬼城)

二里の道地さへ雲さへ大暑かな
(尾崎紅葉)

大暑の忌忘れず旅を終りけり
(長谷川かな女)

とんぼうの腹の黄光り大暑かな
(室生犀星)

身辺にものの少き大暑かな
(高野素十)

しんとして水流れゐる大暑かな
(長谷川双魚)

今にしてこゝろもとなき大暑来る
(篠田悌二郎)

瓜もみの加減も馴れて大暑かな
(中村汀女)

水晶の念珠つめたき大暑かな
(日野草城)

庭木なる葉の一枚を見て大暑
(皆吉爽雨)

大暑とてもたぎらすものに燗銅壺
(鈴木真砂女)

能登さざえ生きて届きし大暑かな
(細見綾子)

山割りて自ら没す大暑の陽
(中村草田男)

じだらくに勤めてゐたる大暑かな
(石田波郷)

大阪の屋根の歪みも大暑かな
(桂信子)

しづかさの背骨にしづむ大暑かな
(森澄雄)

動かざる嶺あればこそ大暑かな
(飯田龍太)

書きちらしとりちらしたる大暑かな
(古舘曹人)

この大暑逃れんための一ねむり
(高澤良一)

参道を掃く音揃ふ大暑かな
(橋本榮治)

 


【関連季語・子季語】


 

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

スポンサーリンク