赤目四十八滝


季 節


 


【分 類】


地理

 


【意味・説明】


滝は、単なる「滝」だけで夏の季語となります。

スポンサーリンク

 


【例 句】


あな幽かひぐらし鳴けり滝の空
(水原秋桜子)

隠元を膝に娘や滝の前
(川端茅舎)

大滝や小滝や暮れてひゞきあふ
(日野草城)

筧にも滝と名のつく涼みかな
(正岡子規)

影は滝空は花なりいとざくら
(加賀千代女)

きこゆるは瀧の音とや曼珠沙華
(久保田万太郎)

樹の奥に滝も音して花や咲く
(上島鬼貫)

雲来り雲去る滝の紅葉かな
(夏目漱石)

鯉の背を打つ滝やさし冬紅葉
(鈴木真砂女)

公園の櫻月夜や瀧の音
(泉鏡花)

ことごとく滝に向へる床几かな
(後藤夜半)

こまごまと落葉してをり滝の岩
(波多野爽波)

滝浴びのまとふものなし夜の新樹
(山口誓子)

滝砕け水の軽さのありそめし
(稲畑汀子)

滝しぶきまひて山葵の花濡らす
(富安風生)

滝茶屋や那智の巫女時計見に
(高橋淡路女)

滝の水つけては髪を撫でてをり
(阿部みどり女)

滝見るによき倒れ木を渡りけり
(野村泊月)

滝を見る平氏の寺の書院かな
(長谷川かな女)

たのしさとさびしさ隣る瀧の音
(飯田龍太)

 


【関連季語・子季語】


滝壺  滝道  瀑布

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク