たんぽぽの花

 


季 節


 


【分 類】


植物

 


【意味・説明】


タンポポは、江戸時代には「鼓草(つづみぐさ)」と呼ばれていました。


Tampopo was called “tsuzumigusa” in the Edo period.

スポンサーリンク

 


【例 句】


たんほゝやこれもなのある花の内
(正岡子規)

蒲公英に春光蒸すが如きかな
(高浜虚子)

蒲公英の毛花吹くほどの風に立つ
(臼田亞浪)

たんぽぽの北にこぞりて枯れゐたり
(原石鼎)

たんぽゝのやたらに球や春の行く
(野村喜舟)

山門にうなゐら遊ぶたんぽぽもち
(山口青邨)

あすが来てゐるたんぽぽの花びらに
(三橋鷹女)

たんぽぽは良寛のため毬と成る
(阿波野青畝)

蒲公英や日はいつまでも大空に
(中村汀女)

蒲公英のかたさや海の日も一輪
(中村草田男)

たんぽぽにうすき日焼をいへばいふ
(大野林火)

たんぽぽの絮となる頃や旅を恋ふ
(鈴木真砂女)

たんぽぽの大きな花や薄曇
(松本たかし)

しあはせに短かたんぽぽ晝になる
(細見綾子)

花蕊濃きたんぽぽ赭顔発光す
(香西照雄)

日に酔へる我にます~たんぽゝ黄
(上村占魚)

たんぽぽに歩を漂泊と言へばよし
(古舘曹人)

蒲公英が咲き睡たさが風にのり
(菖蒲あや)

母在すたんぽぽ百を従へて
(山田みづえ)

蒲公英の絮の大小海近き
(行方克巳)

 


【関連季語・子季語】


 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク