木の枝にとまった燕

 


季 節


 


【分 類】


動物

 


【意味・説明】


燕には、「つばくら」や「つばくらめ」などの言い方もあります。

スポンサーリンク

 


【例 句】


朝燕麦穂の露の真白なる
(西山泊雲)

あそぶともゆくともしらぬ燕かな
(向井去来)

油屋の荷の緒をぬける燕哉
(幸田露伴)

家もたぬ燕かやさし顔の様
(斯波園女)

海づらの虹をけしたる燕かな
(榎本其角)

大津絵に糞落しゆく燕かな
(与謝蕪村)

丘飛ぶは橘寺の燕かも
(水原秋桜子)

おしなべて懈怠の山河燕来る
(飯田蛇笏)

傘もたぬわれにとび交ふぬれ燕
(高橋淡路女)

傘にねぐらかさうやぬれ燕
(榎本其角)

暗き森うしろに燕きたる家
(百合山羽公)

盃に泥な落しそ群燕
(松尾芭蕉)

巣籠りの妻より痩せて飛ぶ燕
(前田普羅)

滝壺へ落つるが如き燕かな
(野村泊月)

燕きて羽を休めし日も暮れぬ
(百合山羽公)

燕来る軒の深さに棲みなれし
(杉田久女)

つばめつばめ泥の好きなる燕かな
(細見綾子)

燕とびかはす七里の渡しかな
(久保田万太郎)

妻がけふ絣のもんぺ燕来る
(皆川白陀)

働くに余すいくとせ燕来る
(鈴木真砂女)

ほそぼそと塵焚く門の燕かな
(内藤丈草)

水に連れて流るるやうな燕かな
(椎本才麿)

みちのくは春をとばして燕来る
(阿部みどり女)

村深し燕つるむ門むしろ
(高井几董)

山里は梅さく頃の燕哉
(正岡子規)

 


【関連季語・子季語】


初燕  夕燕  雨燕

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク