雪解け水が流れる川

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


雨水とは、一年を24等分したものに季節の名前を付けた二十四節気の一つです。

雨水の日付は毎年 2月19日頃となります。

2/19 ~ 3/5頃の期間を「雨水」ということもあります。

 


【例 句】


鵯の尾のずぶぬれてとぶ雨水かな
(原石鼎)

雨水より啓蟄までのあたたかさ
(後藤夜半)

大楠に諸鳥こぞる雨水かな
(木村蕪城)

色めでて草餅を買ふ雨水かな
(藤岡筑邨)

雨水てふ佳き日ありけり母微笑
(上野さち子)

夕空に晴れ間の見えし雨水かな
(今井杏太郎)

地に降りて雀濡れゐる雨水かな
(池田秀水)

書道部が墨擦つてゐる雨水かな
(大串章)

亡命は雨水の頃に夜の闇に
(小野元夫)

並びゐる土器の耳立つ雨水かな
(上田日差子)

 


【関連季語・子季語】


 

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

スポンサーリンク