春の山

 


季 節


 


【分 類】


地理

 


【意味・説明】


「山笑う」は、春の山の様子を擬人化して表現した季語です。


“Yamawarau” is a season word expressing the appearance of the Mountain of Spring as anthropomorphic.

スポンサーリンク

 


【例 句】


初空や袋も山の笑ひより
(加賀千代女)

山笑ふ今日の日和や洗ひ張
(井上井月)

故郷やどちらを見ても山笑ふ
(正岡子規)

穂が抜ける矢立の筆の山笑ふ
(野村喜舟)

人乗せて馬の機嫌や山笑ふ
(長谷川かな女)

逆光に山笑ひつつ暮れなづむ
(佐藤春夫)

三畳の仏間より見え山笑ふ
(長谷川双魚)

切口の大円盤や山笑ふ
(阿波野青畝)

牛小屋に牛の新角山笑ふ
(皆吉爽雨)

ほろ~と土まろばせて山笑ふ
(星野立子)

山笑ふ歳月人を隔てけり
(鈴木真砂女)

山笑ふとはこの景と思ひけり
(高木晴子)

余生とは歩くことらし山笑ふ
(清水基吉)

島山の笑ふをながめ磯づたひ
(上村占魚)

山笑ふふるさとびとの誰彼に
(楠本憲吉)

胸襟をやうやく開き山笑ふ
(松山足羽)

天鈿女命笑へば山笑ふ
(堀口星眠)

太陽を必ず畫く子山笑ふ
(高田風人子)

もうそろそろ山が笑ふと胡桃の木
(高澤良一)

喪の年となりし今年も山笑ふ
(仙田洋子)

 


【関連季語・子季語】


笑う山

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク