白い梅の花

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


春が近づいた感じを表現する季語です。


It is a season word expressing the feeling that spring has approached.

 


【例 句】


春近し問ひ試みよ宿の梅
(西山宗因)

あかゞりや一寸われて春近し
(正岡子規)

春近き雪よ霞よ淀の橋
(松瀬青々)

春近し廻国どもが下駄の泥
(飯田蛇笏)

屋根の上凧見えそめて春近し
(阿部みどり女)

春近し赤蕪の絵をたまはりて
(長谷川かな女)

からかみの引き手のひくし春隣
(久保田万太郎)

春近し空に影ある水の色
(内田百間)

朝ぬれし雨の枝々春近し
(室生犀星)

春近したゞ麦畑の夕日影
(尾崎迷堂)

春近し石段下りて薺あり
(高野素十)

夜半の月冴えず明るし春近き
(及川貞)

春近し時計の下に眠るかな
(細見綾子)

春近し急坂に息ととのへる
(細見綾子)

杉の葉のあからむは春近きかな
(石川桂郎)

春近し日陰の笹の動きにも
(桂信子)

春近し流れに音のもどりゐて
(上村占魚)

春近し松籟門の内にあり
(大峯あきら)

春近く桜の幹のいぶし銀
(高澤良一)

走り根にも瘤もつ欅春近し
(高澤良一)

 


【関連季語・子季語】


春隣

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク