梅の花と蕾

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


春が近づいた感じを表現する季語です。


It is a season word expressing the feeling that spring has approached.

 


【例 句】


洗場の鍋に蜷つく春隣
(西山泊雲)

蹲る枯枝の鳩や春隣
(富安風生)

滑稽な友の話や春隣
(河野静雲)

からかみの引き手のひくし春隣
(久保田万太郎)

串柿のほたほたなれや春隣
(室生犀星)

夕靄の峡折々や春隣
(尾崎迷堂)

春隣雨氷上をながれけり
(石原舟月)

産科とふ名札はたのし春隣
(中村汀女)

六甲の端山に遊び春隣
(高浜年尾)

車窓より瀬戸の島山春隣
(星野立子)

春隣おろし金にも裏表
(鈴木真砂女)

春隣闇がふくらみ来たるなり
(柴田白葉女)

春隣吾子の微笑の日日あたらし
(篠原梵)

心づけば汝を待ち居たる春隣
(石田波郷)

枯蔓のこんがらがりて春隣
(岸田稚魚)

頬杖に雨音ばかり春隣
(森澄雄)

銀鼠色の夜空も春隣
(飯田龍太)

購ひて酒器ばかりなり春隣
(草間時彦)

襦袢縫ふ待針赤く春隣
(菖蒲あや)

暮るるまで書きて千文字春隣
(古賀まり子)

片言の子のもどかしや春隣
(成瀬桜桃子)

釘箱に小部屋いくつも春隣
(平井さち子)

開山の墓掃かれあり春隣
(大峯あきら)

波伸びて砂を走りぬ春隣
(稲畑汀子)

春隣巴里に戻る画家と会ふ
(平井照敏)

 


【関連季語・子季語】


春近し

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク