瑠璃院の美しい新緑の風景

 


季 節


 


【分 類】


植物

 


【意味・説明】


万緑とは、一面が木々の緑で満たされている情景をいいます。

スポンサーリンク

 


【例 句】


祓い塩白し万緑おしひらき
(長谷川かな女)

万緑に抱かれしより光る沼
(稲畑汀子)

万緑に磐を配す立石寺
(高澤良一)

万緑に泰山木の花二つ
(日野草城)

万緑に吊橋動を経ては静
(山口誓子)

万緑になじむ風鈴夜も昼も
(飯田蛇笏)

万緑に藤豆の垂れわたりたる
(阿波野青畝)

万緑に朴また花を消すところ
(皆吉爽雨)

万緑にラムネ奔騰させ若し
(鷹羽狩行)

万緑に吾が眼鏡澄み吾が非力
(楠本憲吉)

万緑の湖畔はなべて幹倒れ
(皆吉爽雨)

万緑のしたたる谿に温泉あり
(上村占魚)

万緑の墨のごとしや海芋咲き
(山口青邨)

万緑の中さやさやと楓あり
(山口青邨)

万緑の中の一点美術館
(橋本榮治)

万緑の中や吾子の歯生え初むる
(中村草田男)

万緑の万物の中大仏
(高浜虚子)

万緑の吉野両断吉野川
(右城暮石)

万緑やおどろきやすき仔鹿ゐて
(橋本多佳子)

万緑や狐狸の山浅く
(鈴木真砂女)

万緑や青年耶馬の陶に生く
(阿部みどり女)

万緑や火の山の火の匂ふ道
(上村占魚)

万緑を顧るべし山毛欅峠
(石田波郷)

万緑を知らず足尾はいつも枯
(平畑静塔)

わが庭の万緑の中玉虫落つ

 


【関連季語・子季語】


 

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク