正月飾り

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


旧正月とは、旧暦の正月のことをいいます。

現代でも、地域によっては旧暦で正月を祝います。

俳句においては、旧正月を省略して「旧正(きゅうしょう)」としても用いられます。


Kyushogatsu is the New Year of the lunar calendar.

Even in modern times, celebrate the New Year by the lunar calendar depending on the region.

In Haiku, it is also used as “kyusho” which omitted the kyushogatsu.

 


【例 句】


旧正の草の庵の女客
(高浜虚子)

吹いてばかり旧正月の土枯れし
(臼田亜浪)

旧正や日がさして来て山身近
(久保田万太郎)

ひもろぎや旧正月のかけ大根
(吉岡禅寺洞)

道そぞろ旧正の紀に遊びつつ
(阿波野青畝)

ゆゝしさや旧正月の注連飾
(高浜年尾)

旧正の繭玉残しありし庵
(高浜年尾)

道ばたに旧正月の人立てる
(中村草田男)

旧正や旅をうながす南の星
(大野林火)

旧正のおきどめ日まち日も好日
(長谷川素逝)

漢方の屠蘚風呂立てて旧正月
(村山故郷)

旧正やたくはへし葱納屋にあり
(上村占魚)

旧正の雪を加ふる山ばかり
(大峯あきら)

旧正の山又山でありにけり
(大峯あきら)

蔵の戸に旧正月の日ざしかな
(池田秀水)

 


【関連季語・子季語】


旧正

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

スポンサーリンク