左義長

 


季 節


新年

 


【分 類】


人事

 


【意味・説明】


左義長は江戸時代から行われていた行事で、正月に飾った門松・注連飾り、書初めなどを集めて、1月15日に神社などで焚きます。


Sagicho is an event that had been held since the Edo period, collecting Kadomatsu, shimekazari decorated in the New Year, the first writing of the year, etc., and firing them at a shrine etc. on January 15.

 


【例 句】


左義長に尻あぶりゐるも男気ぞ
(池西言水)

左義長に月は上らせ給ひけり
(小林一茶)

左義長の一日めでたし鳥部山
(正岡子規)

左義長やちら~雪の遠明り
(松瀬青々)

左義長や雪国にして雪の上
(松根東洋城)

左義長の花火は雪の底よりす
(阿部みどり女)

左義長の最後の花火か眠りけり
(阿部みどり女)

左義長に見知り顔また増えしかな
(右城暮石)

左義長にこごせは大いなる寒さ
(右城暮石)

左義長へ行く子行き交ふ藁の音
(中村草田男)

左義長や婆が跨ぎて火の終
(石川桂郎)

左義長やまつくらがりに海動き
(岸田稚魚)

左義長の火中に鶴の舞へりけり
(古舘曹人)

左義長へ鵯もはげしく来て鳴きぬ
(波多野爽波)

左義長の祝詞にたたふ山河かな
(大橋敦子)

左義長のけむり裾曳く壇の浦
(上野さち子)

左義長の燃えあがるものなくなりぬ
(加藤三七子)

左義長や播磨の山はみなまろく
(加藤三七子)

左義長の雪天心を流れけり
(大峯あきら)

左義長の雪おく丹生の中洲かな
(大峯あきら)

 


【関連季語・子季語】


どんど

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

スポンサーリンク