かみなり

 


季 節


 


【分 類】


天文

 


【意味・説明】


鰤起しとは、鰤漁が盛んな時期の雷のことで、日本海の沿岸地方に多くみられます。

この雷鳴は、漁獲に縁起良いものといわれています。


Buriokoshi is thunder at the time when the fishery of a amberjack is prosperous, and it sees in the coast district in the Sea of Japan mostly.

This thunder is said to be a lucky thing for catching fish.

 


【例 句】


一閃光初島は覚めぬ鰤おこし
(及川貞)

鰤起し杉山檜山色褪せぬ
(阿波野青畝)

鰤おこし身のどこひびく女ども
(加藤楸邨)

鰤起し腹に徹りて風邪癒えぬ
(加藤楸邨)

谷戸深く猟男の棲めり鰤起し
(石川桂郎)

佐渡の上に日矢旺んなり鰤起し
(岸田稚魚)

鰤起し大佐渡小佐渡つらぬけり
(皆川盤水)

炉にあれば腹にこたへぬ鰤起し
(森澄雄)

炉にあれば腹にこたへぬ鰤起し
(森澄雄)

流人墓地みな壊くえてをり鰤起し
(石原八束)

茶畑の空はるかより鰤起し
(飯田龍太)

それぞれの客を迎ふる鰤起し
(小川濤美子)

鰤起しと見る間に虹をかかげたる
(菖蒲あや)

流木の裏はまつしろ鰤起し
(伊藤白潮)

白衿に針はこぶ夜の鰤起し
(井上雪)

 


【関連季語・子季語】


  鰤網  寒鰤

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク