樹木の雪と青空

 


季 節


新年

 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


旧暦の場合、一月の異称は睦月です。

スポンサーリンク

 


【例 句】


赤き実を咥へ一月の鳥日和
(阿部みどり女)

一月となりけり雪も降りにけり
(正岡子規)

一月の甘納豆はやせてます
(坪内稔典)

一月のうす日さしくる障子かな
(久保田万太郎)

一月の扇びらきに寺の樹々
(長谷川双魚)

一月の音にはたらく青箒
(能村登四郎)

一月の翳をつぶさに人あるく
(長谷川双魚)

一月の火事いきいきと風下へ
(三橋敏雄)

一月の風に飛び散る雨の粒
(高澤良一)

一月の川一月の谷の中
(飯田龍太)

一月の汐鳴りさすが鞆の浦
(鈴鹿野風呂)

一月の空見て椿油かな
(岡井省二)

一月の滝いんいんと白馬飼ふ
(飯田龍太)

一月の旅に親しき筑紫の温泉
(稲畑汀子)

一月の土明りして人住めり
(長谷川双魚)

一月の日差しに泛けり骨ぼこり
(辻桃子)

一月のひとの往来に村古るぶ
(長谷川双魚)

一月の孤りごころの雲ぞ能き
(高澤良一)

一月の雪晴れ金魚売通る
(高濱年尾)

一月や穴を一一見る勿れ
(永田耕衣)

 


【関連季語・子季語】


 

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク