うっすらと雪が積もった道

 


季 節


 


【分 類】


天文

 


【意味・説明】


淡雪とは、春先に降って、すぐに消えてしまうような雪のことをいいます。

ぼたん雪、綿雪と呼ばれることもあります。

沫雪、泡雪は、あわのように軽くてとけやすい雪のことです。


Awayuki(淡雪) is snow falling in the early spring, it will disappear soon.

It is sometimes called “botanyuki”, “watayuki”.

Awayuki(沫雪), awayuki(泡雪) is snow that is light and easy to put on like awl.

 


【例 句】


いさはやの葉や淡雪も消がてに
(服部嵐雪)

淡雪のうしろ明るき月夜かな
(正岡子規)

淡雪のつもる白さや夕まぐれ
(原石鼎)

淡雪に母臨終の静かなる
(長谷川かな女)

淡雪のつもるつもりや砂の上
(久保田万太郎)

淡雪の寺々めぐりやつれけり
(室生犀星)

己が句の春淡雪や氷水
(尾崎迷堂)

夜はかなし淡雪明り瞳にぞ馴れ
(三橋鷹女)

淡雪の友や高みを少し落つ
(永田耕衣)

淡雪やかりそめにさす女傘
(日野草城)

 


【和歌・短歌の中の「淡雪」】


淡雪の
ほどろほどろに降りしけば
奈良の都し思ほゆるかも
(大伴旅人)

淡雪に
降らえて咲ける梅の花
君がり遣らばよそへてむかも
(角朝臣廣辨)

十二月には
淡雪降ると知らねかも
梅の花咲くふふめらずして
(紀少鹿女郎)

淡雪の
このころ継ぎてかく降らば
梅の初花散りか過ぎなむ
(坂上郎女)

淡雪の
庭に降り敷き寒き夜を
手枕まかずひとりかも寝む
(大伴家持)

 


【関連季語・子季語】


雪  春の雪

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク